毎日の食事を気をつけることでバストアップに成功する方法

レディー

1日10分の体操が効果的

バストを測る

小さいバストが悩みの人は多いでしょう。バストを大きくするためにエステ店などに通い施術を受けたり、最近は美容整形外科で豊胸手術を受けたりすることで簡単に大きくすることが可能です。それらの手術を受けるためには高額な料金が必要となります。もっと簡単に低価格でバストを大きく出来る方法として、バストアップ効果のあるサプリメントを飲んでいる人もいるでしょう。サプリメントは健康補助食品です。その人の体質にも大きく関係するので全員に効果があるとは言い切れません。しかし、お金を一切かけることなく、バストアップ出来る体操があります。それも、難しいことは何もなく誰でも簡単に出来る方法です。一日に10分だけバストアップ体操を行うだけで魔法のように胸が大きくすることができるのです。

バストアップ体操の考案者は元助産師さんです。とてもベテランで数多くに経験をしてきた助産師さんだからこそ、バストを大きくする体操を思いついたそうです。そのため、ご自身は50代なのですが、とても綺麗なハリのあるバストをお持ちです。そして、驚くことにバストのサイズも若い時と変わらずに、Dカップを維持していると言っています。バストアップ体操の賜物でしょう。
このバストアップ体操はメディアでも取り上げられたことがあります。そのため、小さいバストで悩んでいる人たちの間で評判となっています。インターネットでバストアップ体操の口コミを閲覧するとバストアップ体操を毎日続けている人は確実に効果があるようです。一回の体操で人によっては2〜3センチもバストが大きくなる人もいます。さらにバストアップ体操のすごいところは、生理痛の改善に効果があるとこです。口コミサイトには今まで生理痛に苦しんでいた女性が、バストアップ体操をすることで痛みはほとんどなくなったと仰っています。まさにバストアップ効果と生理痛の改善の一石二鳥です。これから具体的な体操のやり方を紹介します。バストアップ体操に興味がある人は実践してみてください。

一日10分のバストアップ体操は覚えてしまえばとても簡単です。特に用意するものないので自宅で今すぐにでも始めることができます。まず、おっぱいはがしを行います。おっぱいはがしとは、手を熊手のように使い筋肉に張り付いているおっぱいを元の位置に戻すことです。脇下の肩甲骨に近い場所からおっぱいの脇に向けて斜め上に持ち上げるようします。手づかみでおっぱいをすくい上げるようにしましょう。そうすることでおっぱいの位置を正しい位置に戻すことができます。おっぱいはがしはちょっと痛いくらいの強さで行うことがポイントです。
次におっぱい揺らしです。左側のおっぱいを右手で下から上に持ち上げて揺らしてください。持ち上げる方向は鎖骨の中心なので、斜め上に持ちあげましょう。弾ませるように揺らすことがコツです。揺らすスピードは1秒間に3回のリズムで10秒間揺らしましょう。これを左右交互に行います。片方のおっぱいを合計30回ずつ揺らします。
そして、おっぱいゆらし2を行います。先程は片手で揺らしましたが次は両手でおっぱいを揺らしましょう。おっぱいゆらしと同様のリズムでこちらも30回揺らしてください。
このバストアップ体操を行うことで、おっぱいを正常の位置に戻すことができます。さらに揺らすことで血液の循環を活性化する効果があるのでおっぱいを大きくすることができるのです。胸の小ささで悩んでいるひとは、口コミでも評判のバストアップ体操を試してみましょう。